Divider

ホーム > ニュース一覧 > 製品を生命あるものとして捉える姿勢「アーロンチェアの買取サービス」

2015.07.27

製品を生命あるものとして捉える姿勢「アーロンチェアの買取サービス」

ハーマンミラーの環境に対するテーマのなかに『製品を生命あるものとして捉える姿勢』という一文があります。 製品やユーザーの背景にあるストーリーを大切にするその考えは、製品を生み出す上で重要な理念となっています。

この度ハーマンミラーでは、1994年の発売から現在まで20年以上製造・販売を行ってきたアーロンチェアの買取を開始致します。
お客様から買取したアーロンチェアは、弊社メンテナンス部にて分解・修理・クリーニングが行われ「リファビッシュプロダクト」として生まれ変わります。 修理・再生が可能な製品を生み出す企業として、ハーマンミラーの新たな試みです。
point詳細はこちら

製品を生命あるものとして捉える姿勢「アーロンチェアの買取サービス」の写真その1
Next
Archive