Divider

ホーム > ニュース一覧 > 色褪せることのない"ミッドセンチュリーデザインの定番"

2017.01.19

色褪せることのない"ミッドセンチュリーデザインの定番"

ネルソンクロックはジョージ・ネルソンと、アーヴィン・ハーパーなどネルソンオフィスのスタッフ、そしてハワードミラー社の製造のもと創造されたアメリカモダンデザインを代表する時計シリーズです。

ハワードミラー社はハーマンミラーの息子であるハワードミラーによって1921年に設立された米国の時計メーカーです。ネルソンとハワードミラー社との関係は1947年から始まり、以降35年以上に渡って続いてきました。その長い期間で、ネルソンとネルソンオフィスのスタッフは130種類以上も時計のデザインを考案し、形に表しています。1990年代からはヴィトラ社より復刻され、ムーブメントはドイツ最大の時計メーカー「ユンハンス社」製を採用し現在まで生産されています。

現代のライフスタイルでは大型テレビやPC、スマートフォンの液晶画面に時刻が表示され、昔に比べ時計の必要性が薄らいできています。壁掛け時計は時間を知るためのツールではなく、インテリアを構成する際の要素へ変わってきているのです。
また、私たちは時間を知りたいと思ったとき、無意識に時計の数字ではなく針の位置を確認しています。このような人間の日常行為や行動から、ネルソンは数字よりも針の位置の方が重要だと捉えたのです。
インテリアの要素としての重要性と、視認性のふたつの傾向を、ネルソンは半世紀以上も前にすばやく察知し時計のデザインへ落とし込みました。こうして誕生したネルソンクロックシリーズは時を越えミッドセンチュリーデザインの定番として世界中で愛されています。

point詳細はこちら

色褪せることのない
Next
Archive