Divider

ホーム > ニュース一覧 > "美"と"機能"を兼ね備えたエドワード・ウォールのカッティングボード

2017.03.02

"美"と"機能"を兼ね備えたエドワード・ウォールのカッティングボード

ハーマンミラーオンラインストアでは、アメリカの木工作家 エドワード・ウォールの作品を取り扱っております。

エドワード・ウォールは1967年にワシントン大学をアーロンチェアのデザイナーとして有名なビル・スタンフと共に卒業。以来、ビル・スタンフが亡くなる2006年まで2人の交友関係は続きました。エドワードはビルの仕事のサポートとして椅子の模型やプロトタイプの制作を依頼されました。後にエドワードは『親友、そして指導者としてビルは私に私生活と仕事を通してクラフトマンシップとデザインのガイドを示してくれた。』語っています。

この滑らかで美しいカッティングボードは、どんな食卓の場面でも永く使えるよう、アメリカのエドワードの工房で1点1点丁寧にハンドメイドによって制作されます。
素材に使われているバーズアイメープルは、ハードメープルの中でも500本に1本の確率で発生するという大変貴重なもの。その木目の魅力を存分に引き出し完成されたカッティングボードは、日用品でありながら"美"と"機能"を兼ね備えた芸術品です。

point詳細はこちら

Next
Archive