Divider

ホーム > ニュース一覧 > イームズ夫妻の技術研究の過程で生まれたキネティック・アート

2017.05.25

イームズ夫妻の技術研究の過程で生まれたキネティック・アート

プライウッドモビールは、1941年にチャールズ&レイ・イームズが成形合板の技術を向上させる為に行った実験の中で誕生したもので、ロサンゼルスにあった夫妻のアパートの天井にも吊るされていました。
レイ・イームズのアートワークとグラフィックデザインを思い起こさせる有機的な形状を成形合板で象った 2つのパーツからなるモビールは、ゆらゆらと揺れながら楽しげに回り、空間を彩ります。

Plywood Mobile
Designed by Charles & Ray Eames, 1941
【Model A】
W320mm × H400mm / 税込14,040円
point詳細はこちら

【Model B】
W460mm × H335mm / 税込14,040円
point詳細はこちら

イームズ夫妻の技術研究の過程で生まれたキネティック・アートの写真その1
Next
Archive