Divider

ホーム > ニュース一覧 > 初夏に向けて

2018.02.24

初夏に向けて

1950年代半ば、アレキサンダー・ジラードとエーロ・サーリネンは、インディアナ州コロンブスのカミンズエンジンの創業者アーウィン・ミラー邸をデザインしていました。このプロジェクトの最中、彼らはチャールズ・イームズに上質な屋外用の家具をなかなか見つけられないと相談をしました。

イームズ夫妻はこの問題を解決するためにデザインを始めました。イームズ夫妻のデザインは、素材の特性を忠実に生かすことで知られていますが、ピンと張ったファブリックや合成繊維のメッシュを支えるシートフレームにアルミダイキャストを使用することを考えつきました。
こうして1958年に『インドア - アウトドアグループ』(※現在はイームズアルミナムグループという名称へ変更)が発売されました。当時のカタログには、屋内でも屋外でも申し分なくフィットする、多彩で頑丈なものという記述がされました。サラン繊維を張った屋外向けのイームズアルミナムグループチェアは、間もなく製造中止となり、ファブリックやレザーが張られた屋内専用の椅子となりました。

現在ハーマンミラーでは、より耐久性に優れ、美しい光沢をもつサスペンション素材(メッシュ)を開発。再びアウトドア用のイームズアルミナムグループチェアをご用意しております。

アウトドアでゆっくりと過ごせる季節はまだ先となりますが、この時期にご注文頂くとちょうど初夏頃、お手元にお届けとなります。まだまだ寒い日が続きますが、そろそろ初夏に向けての準備をはじめられてはいかがでしょうか。

point詳細はこちら

初夏に向けての写真その1
Next
Archive