Maharam × 1616 / arita japan


ハーマンミラーストアでは、マハラムと1616 / arita japanとのコラボレーションによって生まれた特別なアクセサリーコレクションを販売しております。
ニューヨークのテキスタイルメーカーのマハラムは、ショルテン&バーイングスのディレクションのもと伝統的な有田焼に新しいデザインアプローチを取り入れたポーセリンコレクションを発表致しました。有田焼の伝統色を再解釈し、自身がデザインしたテキスタイル『グリッド』のパターンを融合させたカラーポーセリンシリーズを創り出しました。


カップ・ボウル・マグなど5種類のカラーポーセリンは、シンプルさと色の重なりが特徴的です。9メートルもの大きなリピートをもつテキスタイルのスケールを大幅に縮小し、線や色の重なりによって淡く儚い色味を表現しています。

【1616 / arita japan】
有田焼の産地である佐賀県有田は、1616年に陶祖、李参平によって日本で最初に陶磁器が作られたとされる場所です。400年を経てもなお、色あせる事のない妥協の無いものづくりの精神は今日の有田を支える人達に受け継がれています。
2012年、豊富な経験と技術をもつ有田の人々と共に、デザイナー柳原照弘がクリエイティブディレクターとなり、今日までの有田の歴史と対話をしながら、物語をつなぐ新たな陶磁器ブランドを生み出しました。遥か昔の記憶を引き継ぐように名付けられた「1616 / arita japan」は、有田焼の伝統を踏襲しながらもこれまでの有田焼とは異なるデザインアプローチを試みています。シリーズごとに新たなデザイナーを迎えて発表される器が、日本の伝統に新たな解釈をもたらし、これからの未来に寄り添っていきます。
1616arita.jp

マハラムは1902年に米国・ニューヨーク州で創業した、北米を代表する商業施設やレジデンシャル向けインテリアテキスタイルエディターです。デザインに対し厳格かつ包括的であることへの深い献身で広く認識されており、マハラムではプロダクト、グラフィック、デジタルデザインからアートや建築など、幅広い分野よりデザインアイデアを取り入れています。
maharam.com

▶ Online Store

関連記事一覧

最新記事

おすすめ記事

検索