Sayl Chairs | 独創的なデザインについて


美しいデザイン、最先端の人間工学、洗練された設計工学、そして環境への配慮など、ハーマンミラー製品の特長全てを兼ね備えながらも、手頃な価格帯のワークチェアとして人気のセイルチェア。今回はこのセイルチェアのデザインストーリーをご紹介致します。

デザイナーのイヴ・ベアールは、まず自分のスケッチブックにチャールズ・イームズの言葉『最大多数の人に、最高のものを、最低価格で』と書くことから始めました。その後、サンフランシスコを自分のホームタウンと呼ぶ彼は市内で最も有名な建造物であるゴーデンゲート・ブリッジをふと眺めました。

その時、アイデアが閃きました。イヴ・ベアールは「吊り橋の原理をチェアに応用出来ないだろうか?」と考えたのです。
この一瞬の閃きによりこの製品のコンセプトは固まりましたが、実際にチェアを開発することはそれほど簡単ではありませんでした。セイルチェアはコンピューター上で設計されたのではなく、何度もスケッチを繰り返し、数多くの試作品が作られた末に、ようやく理想のデザインに辿り着きました。イヴ・ベアールはこのプロセスを次のように述べています。『描いて、作って、壊してを繰り返した末に、独特の製品を生み出すことが出来ました。』


セイルチェアは、吊り橋の工学原理を応用することにより、原材料の量やチェアの重量、さらに環境負荷の削減へも成功しました。また、柔軟性のあるエラストマーで成型されたサスペンションは、サポートの必要な部分では張力を最大限に発揮し、他の部分では身体の自由な動きを妨げない強度になるよう張力を調整されて張られ、約159キロまでの体重を人間工学的にサポート出来るようにしました。

ところで、何故このチェアは「セイルチェア」と名付けられたと思いますか?
チェアを横から見ると、船の帆に見えてきませんか?。「セイル」という名前は、この独創的なデザインへのインスピレーションの基となった橋の下を通過する帆船を連想させます。また、このチェアの革新的なYタワー構造の「Y」にちなんで、「sail (帆)」の“i”を“y”に代えて表記しました。

▶ Online Store

関連記事一覧

最新記事

おすすめ記事

検索