Aeron Chairs | 海洋プラスチックを仕様した「オニキス」登場

ハーマンミラーは、2030年までにリサイクル素材の使用率を50%とする取り組みを掲げています。
その一環として、ワークチェア「アーロンチェア」の一部製品に海洋プラスチックを利用する新しい取り組みをスタートさせました。

人間工学に基づいて設計されたアーロンチェアは、約30年前にデザイナーのビル・スタンフとドン・チャドウィックが行った広範な研究によって、幅広い体型に対応出来るように設計されました。当時のオフィス家具業界では非常に画期的な製品でした。そして、それは今でも変わる事はありません。最新の研究と海洋プラスチックを椅子本体に使用するなど素材を革新しています。以前から、アーロンチェアが着座姿勢において身体をサポートする製品であることは、よく知られていましたが、加えて環境にも優しい製品となりました。

ハーマンミラーは、海洋プラスチックに関係するサプライチェーンのグローバルネットワークを構築する初めての共同事業体である「NextWave Plastics」の創設メンバーです。この再生されたプラスチックを弊社の製品や工程に組み込むことで、プラスチックごみを少しずつ削減していきます。

〈海洋プラスチックとは?〉
“Ocean Bound Plastic”と呼ばれるこのプラスチックは、海岸から50km以内の陸地で不適切に処理され、海洋に流出するおそれのあるプラスチックごみを指します。これらのプラスチックごみは一度投棄されると回収される可能性は低く、年間約800万トン以上のプラスチックごみが海洋に流入しています。この量は毎分ごみ収集車1台分のプラスチックごみが海に捨てられている計算となります。
▶ 詳細はこちら


現在、全てのアーロンチェアシリーズは最大90%がリサイクル可能(*1)で、リサイクル素材を50%以上(*2)使用しています。新色「オニキス」にはこのリサイクル素材のうち、海洋プラスチックを1.13kg(*3)使用しています。
今後「グラファイト」「カーボン」「ミネラル」の全てのカラーバリエーションで、順次海洋プラスチックを仕様により226.8g~1.13kg程度利用した製造が進んでいく予定です。

*1. 現在利用可能なリサイクル施設に基づく
*2. トップセラーのグローバルモデルに基づく
*3. ペットボトル換算で約114本分

▶ Online Store

関連記事一覧

最新記事

おすすめ記事

検索